採用情報

テクノウェアの仕事

テクノウェアは、主にお客様となる企業の仕事をサポートするソフトウェアを作成している会社です。
私たちはこのようなソフトウェアを、「業務アプリケーション」と呼んでいます。言ってみれば「業務用」、「プロ仕様」のソフトです。
そのため、「テクノウェア」という名前の入った商品を普段皆さんが目にすることはありませんし、そのお客様専用に作っているので、お店でも手に入りません。 ですが、皆さんの生活との接点はごく身近なところにあります。

例えば、ペットボトルに入った飲料。その飲料を作った工場の生産ラインは、テクノウェアが作ったプログラムにより動いているかもしれません。
ほかにも食品や自動車部品、保険、新聞、電気、水道など様々なものが、皆さんの手元に届くまでの間にどこかで関わっているかもしれません。

「ソフトウェアを通して人々の生活を陰で支える」・・・ちょっとカッコつけた言い方ですが、それがテクノウェアの仕事です。


「ソフトウェアをつくる」ということ

これだけコンピュータ技術が発展した現在でも、ソフトウェアはまだ機械では作り出せません。「人」が作り出さなければならないものです。

これは単に「プログラムを組む」という作業に限りません。良いソフトウェア、お客様に満足してもらえるソフトウェアを作るためには 技術的な要素ももちろん重要ですが、それだけでは解決できません。どんなに素晴らしい技術を使っていても、お客様のニーズに合っていなければ意味がないからです。使われる目的や場面、操作性などを考えながら最適なシステムを考えることが重要です。

特に業務アプリケーションの場合は、いわば異業種であるお客様の業務を理解することが大切になります。お客様があえて費用をかけてでもシステムを導入するのは、業務を効率化してコストを抑えたい、あるいは業務を拡大したいなどの目的があるからです。投資を上回るメリットを提供できなければなりません。

そのためにはコミュニケーション能力が不可欠ですし、チャレンジ精神、好奇心といった要素も重要です。担当する範囲がソフトウェアだけでなく、 ハードウェアの選定やネットワークの構築まで及ぶこともあります。
いろいろな仕事を経験しながら、前向きに自分のスキルとして身につけていく貪欲さも必要です。

意欲さえあれば、入社2〜3年でもプロジェクトリーダーに抜擢されることもあります。経験年数や性別、学歴などに左右されずステップアップできる環境が 当社にはあります。


入社後について

新卒者の場合は、基本的なビジネスマナーに関する研修や技術研修(プログラミング)を2ヶ月程度行います。 研修期間は目安で、あまり厳密に区分けしていません。 習得度などに応じ、先輩社員のもとで、実際の仕事に参加しながら徐々にスキルを身につけてもらうよう考えています。 技術系の学科を卒業していなくても、やる気さえあれば大丈夫です。

研修期間が終了しても、資格取得補助制度など、ステップアップに向けたバックアップ体制が整っています。

▲ページトップに戻る